プロジェクトの概要

2023年のモバイル・ワールド・コングレス上海で、サンダーソフトはTurboX C8550スマートモジュールにRubik大規模言語モデルを展開することに成功し、大型モデルを統合した初のインテリジェントハンドリングロボットソリューションを発表しました。
大規模モデルのサポートにより、ロボットはより自然な対話を実現し、人間の指示をよりよく理解し、エッジ側のデータ処理効率を向上させ、遅延応答時間を短縮します。 人間は自然言語を介してインテリジェントハンドリングロボットと対話し、サービス指示を出すことができ、ロボットは必要に応じて飲み物や食べ物を取るなどのサービスを提供し、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

Rubik集大型モデルを一体化したインテリジェントハンドリングロボット插图1
サンダーソフトが提供すること
  • Rubik大規模言語モデルの助けを借りて、人間とロボットの間のコミュニケーションは、タスク固有のコーディングを必要とせずに、より効率的で自然になる
  • Rubik大規模言語モデルは、膨大なパラメータベース、大量の学習データ、複雑なニューラルネットワーク構造を持ち、複数の言語を正確に理解することができる
  • Rubik大規模言語モデルは、レイテンシーがほぼゼロの応答効率でエッジでタスク処理を実行できるため、ユーザーにより良いユーザーエクスペリエンスを提供する
将来的には、ロボティクス分野のより多くのパートナーと協力して、次世代のロボティクスソリューションを定義していきます。
ビデオを閉じる